ライン

バンドの仲間たち

ライン

かず&まる with N
海人Family Band
arry Band
ama Band
ESS Band
UNO
天下の御法度

ライン

過去から現在、一緒にやってきたバンドの仲間たちです。
ずいぶん長いことお会いしていないですが、みんな元気かなあ?

ライン

ライン

かず&まる with N

最近はこの形でのライブ出演が多くなりました。
構成の関係から大人しい曲が多いです。

サンポート小ホールにて

 

屋内, 男, テレビ, テーブル が含まれている画像

自動的に生成された説明

Poppy Starにて

 

ステージで楽器を演奏する男性たち

自動的に生成された説明

Bard Landにて

 

サフランにて

 

LaFontaineにて

 

ライン

Kazu N

たまにはギタリストになって、二人で出たりもしています。

La Fontaineにて

 

 

ライン

海人Family Band (かいとファミリーばんど)


高松に来てしばらくしてから、知り合いに「海人」というライブハウスを紹介してもらいました。
ここは普通のライブハウスとはちょっと違っていて、決まったライブスケジュールみたいなものはなく、基本的に「集まったメンバーで適当にセッションをやる」というスタイルです。

集まる常連さんは、さすがにスゴ腕の方が多いので、最初のうちは気が引けてなかなか参加できませんでしたが、回を重ねるうちに「ベース弾いてよ!」ということになり、今ではすっかり常連さんの一人になってしまっています。
特にクラプトンの曲は皆さんのお気に入りだったので助かりました。

他にも古いフォークの場合は何とかベースでついていけるので、適当に入らせてもらっています。
皆さんも高松にお越しの際はぜひ覗いてみてください。

20212月、本当に残念なことでしたが、マスターが亡くなられてしまいました。
何とかこの場所を残したいとのマスターの遺志を継ぎ、メンバー制の音楽室として継続しています。

 

バージニアからのお客さんを招いての一コマです。
バンジョーがすごかった。

 

クラプトンナンバーをやるときのメンバー。

 

ライン

 
arry Band (はりーばんど)

2013
年末、Y氏結婚式二次会のパーティー用に急遽結成したバンド、
会社の行事に呼ばれて、今までの経験上最多数と思える400人の前でやったり、
スタジオ借りて、かなり練習してライブをしたり、
自分としてもサックスとの共演は珍しく、色んなことを一緒に楽しませてもらいました。
残念ながら女性メンバーの結婚と出産で活動中断。
子育てが落ち着いたら再開したいなあ・・・
ちなみにこの時はギターを主に担当していました。

 

 

 

 

 ライン

Hama Band (はまばんど)


<<<近況>>>

2018.11.30

長年使わせていただいていたPanasonic社高槻富田工場の音楽室がとうとう取り壊されることになり、
10
数年にわたって続いていたHAMA BANDもとうとう活動休止となりました。
いやしかし、楽しかった。
バンマスはまちゃん、それから一緒にやらせていただいた方々には、本当に感謝です。

 


2012.05.21

練習風景の写真を撮ろう!って下に書いてからもうほとんど3年近く経ってしまっていたことに
自分でもビックリ。
つまりその間まったく更新して無かったって事・・
その間にメンバーも入れ替わり、自分はベースをクビになり(笑)
月イチの参加もままならない状況に・・
でも、やってる曲は前とほとんど変わらず・・
って言うか、数曲は既に忘却の彼方に・・
何はともあれ、続けられていることに感謝!

結局、練習風景ではなくて、後片付け後の写真になってしまった。
次は絶対かっこいい演奏姿を撮りましょう!!


おみず、そねっち、よう、いたやん、はまちゃん




2009.08.01

ここのところ、みんなそろっての練習の頻度はだいたい「月一」になってしまっています。
主な原因は、やはりベース担当の自分(よう)がなかなか参加出来ないこと・・
大阪に帰るのは月平均2回で、それに練習日が合わないとダメということになり、
うーん・・

今度みんな集まった時には忘れずに練習風景の写真を撮ろう!


2007.09.10

きんちゃんが転勤で遠く(って言っても舞鶴ですが)に行ってしまい、
頼みのドラムがいなくなって、どうしようと思っていたら、さすがバンマス!
新しいドラマーを連れてきました。
何と!新ドラマーは20代の乙女(愛称「しの姫」)ではございませぬか!
かくして20代、30代、40代、50代すべてのジェネレーションと
A,B,O,AB
すべての血液型が揃い、
とうとう「オッサンバンド」から脱却しそうな勢いの最近のHAMA BANDであります。

この間の練習時の写真です。リンさんとマッチョさんが来れなかったので。今度全員揃ったら
また取り直します!





ついでにレパートリーの復習を・・・
(曲名にリンクがある部分はHAMAbandの演奏の一部です。)

1.Wonderful
 Tonight
2.Nobody Knows
3.Change the World
4.Tears in Heaven
5.Key to the Highway
6.LAYLA
7.ALBERTA
8.San Francisco Bay Blues
9.Running on Faith
10.Got You On My Mind
11.
夜空ノムコウ
12.
桜坂
13.
中華料理
14.
少年時代
15.
長い夜
16.

17.
恋しくて
18.
涙そうそう
19.BELL BOTTOM BLUES
20.
世界に一つだけの花

こうしてみるとホントに色んな曲があるなぁ・・・


2006.10.29

その後まったく更新していなかったのですが、全員顔出しOKが出たので、
この際、みんなの写真を公開することにしました。
携帯のカメラなので、ちょっと解像度悪いかも??
最近、必ず「恋しくて」と「涙そうそう」から練習が始まります。

  
はまちゃん         おみず         きんちゃん

  
 まっちょさん          りんさん            よう


2006.10.20

久しぶりに録音をしました。以前からこのページにアップしていたあの4曲は、
一応一発録り(プラス一部アフレコ)でしたが、今回は各パート別録音ってやつをやりました。
結局、2時間かけて1曲しか録れなかったのですが、出来はなかなかです。
(もうしばらくしたらフルでアップ予定です)
で、メンバー紹介を兼ねて、その時の風景です。

      

左から、ドラムのKINちゃん、バンマスHAMAちゃん、ピアノのおミズ、その後ろがキーボーのRINさんです。
当日のHAMAちゃん、ギターを先に録って歌に専念したのと、今日は一曲だけで良かったのとで、声がメチャメチャ出ていました。
バックコーラスもみんなでチャレンジしたのですが、HAMAちゃんの裏声が一番合ってると言うみんなの意見で、
結局、全部本人の声になったのはちょっと笑えました。
それにしてもSeideのマイクはすごいです。プロの音です。

  

やっと写真が揃いました。左がギターのさうまちょさん。
いつものレスポから、今日はナチュラルストラトに持ち替えてのパフォーマンスです。
しかしレコーディング時にこんなポーズするヤツおらんやろ!?
右が本ページ管理人ようであります。
ハーモニカ&ベースもだいぶ慣れて来ました。

 


2006.09.10

最近新しい器材が増えたので(買ってきたのはもちろんバンマスHAMA氏)、
この機会に、ちょっといつも使っている器材の紹介などをして見ます。
えー、下の写真が「Seide」の真空管マイクロフォン。ほんと、原音に忠実な音が拾えます。
尚、セッティングを必死で行っているのが、我らがHAMA氏であります。

   

それから、この右の写真が、我が愛機とBASSMAN100。いい音します。(アンプが)


2005.01.15

本年初ライブ!

  

2005年初ライブを「Sub-Rock」(Ist)でやりました。
観客は身内だけと想像していたら、次のバンド(SPYさん)目当ての
若い女の子がホントにたくさんいてびっくりしました。
Change the world」はかなりヤバかったですが、
まあ何とかこなしました。(ドラムのおかげです!)
上の写真、撮影人の座席位置の関係で、キーボーのリンさんが写っていません。
(ドラムも顔隠れてるって!)
ごめんなさい!



名前から想像すると、「ヨコハマ」のバンドみたいですが、横浜とはぜんぜん関係なく、
ブルースを主に現在進行中。
最近は松山千春の懐メロものや、スガシカオの流行りものにも手を染めているけれど、
基本はアコースティックブルース(のはず)。
最近新しいベーシストが加わったので、念願のギタリストに戻れそう・・・
と思ってたら、なんとほい氏が北京に転勤になってしまいました。

現在の懸念事項は配偶者持ち(おめでとう!)になったおみずがちゃんと参加してくれるかどうか?
なんて言ってたら、おみずも早々とお母さんになるそうで、出産休暇に入ってしまいました。
Hama Band 崩壊の危機!!!
と思ってたら、新しいキーボードの女性が参加してくれることになりました! やった!
と喜んでたら、
男でした。
これで久々に男ばっかりのバンドになってしまいましたが、まあそれもよし、
新しいキーボーダーのりんさんはなかなかの使い手、


YAMAHA
のフル鍵盤で、素晴らしいアドリブを聴かせてくれそうです。
おみず!安心して育児にはげんでね!

なんとなんと、M楽器のまっちょさんが、ギターで参加してくれることになりました。
平均年齢がかなり若くなったような・・・
これでずいぶん音が厚くなって非常にハッピーです。

とうとう、おみずも復帰
りんさんとのダブルキーボードで素晴らしく音の広がりができました。
でもきんちゃんが結婚してしまうので、ちょっと来にくくなりそう?
いやいや、これは奥様にもバックコーラスで参加してもらうしかない!

アコースティックギター&ボーカル : はまちゃん
アップライトピアノ or キーボード : おみず & りん
ドラム : きん & そにー
ギター : まっちょ
アップライトベース & ブルースハープ : よう 


(Live 2003)
自作アップライトベース
の初舞台でした。


(メンバー+α)

Nobody knows you when you're down & out
Layla
Tears in heaven
Sanfrancisco bay blues
 Change the world
Key to the highway
  Alberta  You are wonderful tonight
Get you on my mind
  中華料理  恋  桜坂
夜空ノムコウ  少年時代  長い夜 恋しくて
黄金の月

<特別時期限定曲>
案山子  コスモス(秋桜)  朝刊


ライン

ESS Band (いいっすばんど)

2000
年頃、会社の仲間とキャンプする際に一緒にやろうと結成したバンド。
集まって演奏するのは多くて年に1〜2回だったが、
メンバーのかじが高知に転勤になった後は、ますます疎になってしまった......
かじの結婚式でやった「約束の橋」久々に大受けでしたが、
いつの間にかメンバーもほとんどが配偶者持ちに......
最近、うにくんがマーチン買ったので、また盛り上がりそうな気配。

久々に例のトレーラハウスに集合しました。
亭主持ちとなってしまった、はなちゃんとえりちゃんが参加できなかったのが残念でしたが、
例によって「約束の橋」大合唱。
みんな練習する時間がなくて、今回の新規課題曲は1曲だけ(夜空ノムコウ)でしたが、
みんな歌ってくれたのでなんとか盛り上がることができました。
そうそう、ベーシストのえぐっちクンが初参加!
これからのエレベは彼にまかせることにしましょう。

ギター&ボーカル : かじ
ギター&ボーカル たまに三線 : うに
キーボード1 : はな
キーボード2 : はる
サックス : さき
シンセドラム : しろ
アップライトベース : よう
エレキベース : えぐっち
マラカス : みつぐ & えり
タンバリン : ほっしー

 
合宿練習風景            キャンプでライブ    

あの紙飛行機曇り空割って センチメンタル チェリー わしらのフォーク村
Have you ever seen the rain?
  ZOO 星になれたら アゲハ蝶
中華料理 月光 OverDrive 島唄 約束の橋
夜空ノムコウ

かじとほっしーの結婚式で「約束の橋」
これがみんなとやる最後だったかな?

 


ライン

UNO(You know?)

娘が赤ん坊の頃だから、もう30年以上も前、1990年前後になるのかな?
練習が終わったあと、いつもUNOをして遊んでいたのでこの名がついた。
18番はアンルイスの「LINDA」。
「小比類巻かおる」とかにも挑戦したが、やはりちょっと難しかった。
メンバーの引っ越しとかで自然消滅してしまったのが残念。

一緒に撮った写真もまったく無い・・・

リードギター&ボーカル : はまちゃん
サイドギター&ボーカル : あっこ
シンセドラム : かおる
キーボード : りえこ
エレクトリックベース : よう

You Are Wonderful Tonight
LINDA
あの夏の花火
Single again
 
両手一杯のジョニー 
オリビアを聴きながら


ライン

天下の御法度(てんかのごはっと)

1973
年、まだ自分が10代のころ、カントリーに憧れて、初めて結成したバンド。
バンド名は「テンガロンハット」から。
ドラムが無かったのが特長であり、弱みでもあった。
あのころは怖いもの知らずで、デモテープを送ったりもしたなあ・・・
テクニックは拙かったが、いろんなことがここから始まったような気がする。
「本当に優しい季節(とき)は、知らないうちに通り過ぎてしまった・・・」(「冬の夜」より)

アコースティックギター&ボーカル : ひろ
アコースティックギター or エレキギター or バンジョー or ブルースハープ : ひで
エレクトリックベース : よう

(文化祭にて)


確かこの時のベースは借り物の"TEISCO"でした。
後に"GUYATONE"・・・懐かしい!

誰もいない

まぼろしの翼とともに
まぼろしの翼とともに(動画
なごり雪
春は静かに通り過ぎて行く

この季節が変われば
お前の足音
退屈ですね
走馬燈
昨日・今日・明日
(この、金森幸介氏が歌っていた「昨日・今日・明日」という歌は、年とともに我が身にしみてくる気がする)


未成年
君のことを
冬の夜

ライン



Topへ