インターン


 


 学生時代の話になる。機械工学科のノルマとして、「夏休み中に2週間以上の企業実習」というのがあった。今風に言えば「インターン」である。学校がネゴしてくれた企業に実習生として入り、実際の仕事を体験するわけであるが、機械科の学生は製造現場に行くのが普通だった。それまで四国には行ったことがなかったし、担当教授の薦めもあって、愛媛県新居浜市にあるS重機を選んだ。

 社員寮に寝泊まりしながら機械組立作業(のお手伝い)をやらせてもらった。季節は真夏、作業場ではベアリングの焼きバメに使う油がヒーターで煮えたぎっており、工場内の気温は40度近くになっていた。「重機」というだけあって、部品のひとつひとつがクレーンでないと持ち上がらないほど大きくて重く、ノルマの2週間はどうにかこうにか過ごしたが、実際に就職したらここはちょっと務まりそうにないなと思った。
 それでも、休みの日には寮で同室だったヤツと一緒に遠くの山までハイキングに出かけたり、会社主催の盆踊り大会で夜通し踊ったりして、今から思えば楽しい日々だった。「過去」はいつだって楽しいものなのかな?
(写真はその社員寮「敬天寮」・・だったと思う。写真の整理が悪くて詳細不明)

 

 

みきゃん部屋

 

 

 

201711月、エリエール松山で行われた女子ゴルフを家人と2人で観戦に行った。
1
ヶ月ほど前から道後温泉の宿を探したが、どこも満員でまったく予約が取れなかった。ようやく見つかった部屋はその名を「みきゃん部屋」と呼ぶらしい。名前を聞いたときからちょっと悪い予感がしていたが、背に腹は代えられない。
夕方、その老舗のホテルに着いて案内されたのが上の写真のような場所。部屋自体も長細くて、多分昔は布団部屋か何かだったに違いないと思えた。
「みきゃん」は松山のご当地キャラで、売り出そうとしているのはわかるが、何も部屋をここまでしなくて[YN1] ・・・。
着ぐるみはとうとう着なかった。



 


  
戻る
   次へ


 [YN1]