ベースの練習方法


 みなさんは、ベースの音をコピーする時、どんな方法をとっていますか?
耳コピだけですぐに出来る人は何の問題も無いのでしょうが、私の場合、ギターから入ったせいでしょうか、高音部分の聞き取りは割と得意なのに、低い音になるとどうも音程がピンと来ないという、ベーシストとしては致命的な弱点を抱えています。

 楽譜が簡単に手に入る曲だったら、楽譜(と言ってもTAB譜の方が得意)を見るんですが、ベースだけの楽譜なんてありませんし、フルスコアはけっこう高いですよね?
 ギターのTAB譜は、インターネット上で探せばかなり見つかりますが、BASS用はなかなか無いみたいです。誰かいいサイトを知ってたら教えてください。
 で、最近は、バンマスのHAMAちゃんが割合有名な曲を選んでくれるので、もっぱらMIDIをインターネットで探して、それを楽譜にして使うことが多いです。
ちょっと具体的なやり方を書いておきます。


1.まずMIDIファイルを探す

  日本の曲なら 「Computer Music Center」というサイトをよく使わせてもらっていましたが、閉鎖になってしまいました。たぶん著作権の問題なのでしょう。よほどマイナーな曲でない限り、だいたいここで見つけることが出来たのですが・・残念です。
 洋楽の場合、あまりにも色んな検索サイトがあって、書ききれないのですが、例えばHitTrax とか、Midi Melody なら、まず大体の曲は見つかります。(登録必要もしくは有料ですが)
 Googleで検索する場合は例えば「Clapton Midi Files」などで検索すればたくさん出てきます。
 MIDIは、作り手のスキルによって、「出来」がメチャメチャ違います。さすがにアメリカのサイトは、完全コピーと言っても良いくらいの作品が揃っていることが多く、感心させられます。
 (観客の口笛とか拍手まで再現したMIDIあり!→ Alberta )
  いろいろ聴いてみて、自分が演奏したいものに一番イメージが近いものを選ぶことが大切だと思います。
  それから、同じデータでも、パソコンの音源が違うと、まったく違って聞こえることがあります。まあ、楽譜にしてしまえば同じなので、気にしなくても良いかも知れませんが。
 (私のパソコンも、オンボードのサウンドカードがあるのにYAMAHAのカードを追加して、さらにROLANDのバーチャルソフト音源を入れたので、何が何やらわからん状態になってます。)


2.パートの整理

  ダウンロードしたMIDIは、そのまま聴いても参考にはなりますが、ちょっとしたソフトを使えば、欲しいパートだけ強調したり、極端な話、BASSだけのデータにすることもできますね。
 聴くだけならば、フリーソフトでパート毎にボリュームを調整できるTMIDI なども便利です。ベースのパートだけをオクターブ上げてやったほうが、聞き取りやすい場合もあります。
 (邪道かも?)
         例: フルスコア版 「No Title (これは自分のオリジナルなので問題なしです。)

3.楽譜作り

  これにもソフトが必要です。私の場合、「Music Magic」っていう古い(Win3.1の頃から使用)ソフト
 か、「Singer Song Writer light」 っていうのを使っています。
 (シェアウェアではScore Magazineとかが使いやすいみたいです。)
  これでMIDIデータを開いて、不要なトラックを削除します。
 (メロとベースライン、またはドラムだけにすることが多い)
  こうしておいてから、楽譜にするとかなり見やすい楽譜ができます。
         例: ベースとドラムだけにした 「No Title

4.音を聴く

  楽譜だけではなかなかイメージがわきにくいので、こうやって作ったMIDIデータを、一度wavMpegに落として、CDに録音しています。このとき自分が使っているのは午後のこ〜だっていうフリーのソフトですが、これはなかなか優れモノです。
  MIDIデータからTAB譜を作ってくれるソフトもあるらしいのですが、まだ使ったことがありません。


5.あとは練習
  これだけ揃ったら、あとは練習あるのみ!とはいえ、女房子供持ち給与生活者としては、実際に音を出せるのは週1回がやっと。上のようにして作った音源を通勤途中に聴いてイメージ作りに励んでいます。
(なかなかイメージ通りには指が動いてはくれませんが......



Topへ