ライン

Sorry! Japanese Only・・・

エレクトリック・アップライトベース
自作第2号機製作記


 2003年に完成した1作目のベースは、初めての自作機だったこともあり、
後から「こうすればよかった」と思うことが色々出てきました。
単身生活を始めて1年余り、ようやく仕事の方も少し落ち着いて来たので、
2号機を作ることにしました。


Topへ



newbass1

neck001DSCF1318toolneck001neck002

neck003neck004neck005tool001neck006

DSCF1455-1headdrillscrewtap6tierod001body001

head001body002assy001drilldrillassy002

9553f0fe.jpgbody00413d76cfd.jpgfingerboard002fingerboard003

DSCF1673sneck009DSCF1829sDSCF1831sDSCF2017

DSCF2035sDSCF2039sDSCF2047sDSCF2053sDSCF2057s

DSCF2064sd62e9f84.jpgDSCF2090sDSCF2108sDSCF2147s

DSCF2153sDSCF2195sDSCF2233-1DSCF2237sDSCF2284-1s

DSCF2292sDSCF2297sDSCF2308sDSCF2312sDSCF2326s

DSCF2330sce0fb525.jpgDSCF2410DSCF2426sDSCF2424s

DSCF2448sDSCF2623sDSCF2632sDSCF2646sDSCF2650s

DSCF2655sDSCF2651sDSCF2661sDSCF2670sDSCF2667s

DSCF2672sDSCF2675sDSCF2677sDSCF2679sDSCF2680s

DSCF2690sDSCF2701sDSCF2705DSCF2646sDSCF2719s

DSCF2722sDSCF2772sDSCF2777sDSCF2836sDSCF2840sDSCF2847s

DSCF2872sDSCF2855sDSCF2871sDSCF2919sDSCF2922s

19965c22.jpgb4032f0a.jpgDSCF2924s

 


20090821

新作

newbass1

 前々からやるやると宣言しながら、なかなか取りかかれずにいた2台目のベース、ぼちぼちではあるが図面を引き始めた。こんどはもう少しグラマラスなボディーにして、そのままでは重すぎるので内部をくり抜き、天板には「憧れの"f"ホール」を付けてやろうと思っている。ところが、そのfホールのカタチがやたらと難しく、なかなか思うような形状にできない。何か市販モデルをコピーしないとダメかな?
 しばらくぶりに使ったJW-CAD、操作をほとんど忘れていて、画面の縮小拡大だけでも四苦八苦。やっぱり3Dでやった方が良いかもね。

 


20090826

ネック素材

neck001

 昨日、久しぶりに「同好の士」というか、ベースを作っていると言われる方から書き込みをいただいて嬉しかった。本日は偶然にもその2号機ベース作りの話を書こうと思っていたので、何か不思議な気がした。

 さて、写真のワークベンチにはさんである70mm角のアメリカ檜は、前のベースを作る時に買っておいたネック用の素材である。1号機は強度に自信が無かったので、70mmでは不安になって、最終的に90mm角を使った。今回はもう少し細くしようと思うのでこの70mmが役に立った。
 結局買ってから5年以上寝かせておいたことになる。これだけ寝かせればもう変形することは無いと思うが、ちょっと置いておく場所が悪かった(屋根裏)せいか、細かい亀裂が来てしまっている。だもんで、使えるかどうかは削ってみないとわからない。亀裂が中まで達していないことを祈る。

 「ネックがネック」と前にも書いたように、この部分とそれに貼り付ける指板部分が一番難しい。まあ時間はたっぷりあるのでゆっくりやろう。


20090831

開始

DSCF1318

 選挙が終わった。世の中はどんなことになるのやら。しかし、どうしてみんなこんな風に一気にファッショ的になびいてしまうのだろう。もう少しバランスしても良さそうに思うが、前のときも全く同じだったような。郵政自民が民主に変わっただけで・・。結局何も変わらないような気もするし、また4年後も同じことをするかも、とか思ったりして。
 
 さて、日曜日の午後からネック部分の木取りを始めてみた。1号機を作った時にはこのワークベンチはまだ持ってなかったので床に置いてやるしかなかったが、やっぱり道具があるとずいぶん楽。細かい亀裂や節をうまく避けながら、2Bの鉛筆を使って何とか側面は書けた。大きい鋸などはまだ大阪からこっちに持ってきていないので、実際に切り始めるのはもっと先になると思う。前は、作りながら周辺インターフェースの都合に合わせてどんどん形が変わって行ってしまったので、今回はじっくりと形状を決めてから鋸を使いたいと思っている。そうそう、電装関係の部品もぼちぼち手配を始めないと・・。

 ヘッド形状はどうするか迷ったが、やっぱりあの「渦巻き」は捨て難い。こんどはもう少しうまく作れそうな気もする。完成はいったいいつになるか・・。2年後??


20090907

工具

tool

 大阪の自宅にに帰ったついでに工具箱からめぼしい工具を持ってきた。左から彫刻刀、カンナ、ノミ、片歯鋸、金尺、プラスチックハンマー、タップ&ダイスセット、上に両歯鋸。
左上は使えるかどうかわからないエレキベース用ピックアップと、前作でナット用に使った黒壇(エボニー)の残材。あ、電気ドリル忘れた!


20090912

今日はここまで

neck001neck002

 今日の午前中は仕事、午後からはテニスの予定だった。仕事を済ませて部屋に戻り、さあ行こう!と思ったら雨。することがなくなってしまったので、延ばし延ばしにしていた例の工作を始めることにした。
 ボディーの材料を何も入手していない状態で、ネックの工作を始めてしまうというのも少々不安は残るが、まあ少しずつ進めれば良いかと思った。
 この作業、糸鋸盤があればアッと言う間に終わってしまうはずだが、すべて手作業ではなかなかそうも行かない。夕方までかかってどうにか大まかなシェイプは切り出せた。
 なにせ材料を買ったのは何年も前のことなので、この木が何の木なのかさっぱりわからない。が、切っているうちにかなり強い松脂の匂いがしてきた。ということはこれ米松か何かか?
 第一作のときは赤い木を使った。こいつも赤いと思っていたら、単に表面が変色して濃い色になっていただけらしく、中は白かった。強度、大丈夫かなぁ・・。
 慎重に節の部分を避けたはずなのに、肝心の一番細いところから隠れていた節が出てきた。うーん、ギリギリセーフかな?


20090913

本日の作業

neck003neck004

neck005

 今日は昨日と打って変って良いお天気。が、残念ながらテニスの予定は無し。自転車で遠乗りしたい気持ちを無理やり抑えて、昼までは持ち帰り仕事のレポート。昼飯を作っていたらもう外に出るのが面倒になってきたので、結局今日も「弾きコモリ」と「削りコモリ」。おかげでネック加工はずいぶん進んだ。ヘッドのマキマキはまあまあうまく行った。
 ヤスリセットや電気ドリルはこっちに持って来ていないので、とりあえずカッターとカンナとノミと彫刻刀で、できるところまではやった。削りクズがごみ箱と掃除機の中にいっぱい。これが鰹節だったらお好み焼き何個分?
さて、これでしばらく休息かも・・・。


20090925

工具追加

tool001

 家から追加の工具を持ってきた。今回は車ではなかったので重かった。電気ドリルと電動ジグソー、それから粗目の木工用ヤスリ。しばらくはこれでギコギコやることになりそう。
 実はボディー用の材料とトラスロッドに使う黄銅のバーも買ったが、さすがに持って来れなかった。また今度車で帰った時に運ぶことにするが、さて、次に大阪に帰れるのはいつになるか?


20090928

続き

neck006
 昨日今日と夜は少し時間があったので、ネックの削りをやった。ホントの木工職人さんの言葉によれば、ヤスリやサンドペーパーに頼るのは素人のすることで、プロはカンナだけでキッチリと仕上げないといけないそうであるが、こっちはとてもヤスリとペーパー無しでは済みそうにない。
 このヤスリは目が粗いので、かなり大きな音がするが、幸いこの工作室の隣室はこの間引っ越して行って空き部屋になっているのを確認済み、遠慮なく音を出しながら削っている。
 ストロボのせいで全くの白木みたいに見えるが、実際の色はもっと茶色い。


20091027

再開

DSCF1455-1

 ベース作りを再開した。先日大阪に帰った時に仕入れてきた材料、本体部分と天板、指板、それからトラスロッド用の真鍮丸棒。
 ホームセンターに木材を買いに行って気づいた。前作を作ったときに指板に使った「赤ラワン」がどこにも無い。赤ラワンどころか、昔はあれほどポピュラーだったラワン材が、いま全く売られていない。熱帯雨林の保護のため?輸出禁止になったのかな?また調べて見よう。
いずれにしても前に使った赤ラワンは使えず、かと言って黒壇なんて買えない。結局指板は檜になった。本体と天板は前と同じSPF材、使い慣れた材料ではある。
 トラスロッドはステンレス棒にしたかったが、ネジ切りがものすごく大変そうだし、SS400のメッキネジ棒は安っぽくてすぐに錆びそうだったので、真鍮にしてみたものの、どれだけの締め付けトルクに耐えるのかが未知数。
 とりあえず本日はネックのサンドペーパー掛け・・・


20091028

工作の続き

headdrill

 昨日に引き続き、今日はヘッド部分の穴掘り作業。電気ドリルで穴をいっぱい開けたあと、ノミで仕上げ。久しぶりのノミの使い方を少しずつ思い出してきた。
 前作ではこの穴は裏表スルーにしたが、今回はバイオリンみたいな途中までの穴にしようかと思っている。ホコリがたまりそうではある。晩飯時に飲んだ焼酎のせいで、若干手元が危なくなっている。そこそこでやめておいて仕上げはまた今度にしよう。

 削っていると部屋中が木の匂いでいっぱいになってくる。細かい木屑のせいでクシャミも出る。でもやっぱり、木の匂いは悪くない。自分にとっての「ヒーリング」だな、これって。


20091103

M6ダイス

screwtap6

 午前中は会社に行って、書類の片付けをしていた。遅い昼飯のあと、天気の良さに惹かれて自転車で遠乗りに行きそうになったけれど、グッと我慢をして工作の日にした。この間大阪で買ってきていたタイロッド用の黄銅の棒にネジを切ろうと思ったのである。

 使っている作業台はハンドルで動かして板を挟めるような構造になっている。これで丸棒を挟みこんでダイスを使おうとしたら、丸棒がクルクル回ってしまって全然ダメ。結局バイス(万力)を買いに行くことになった。近くのホームセンターにあった安物のバイスの中で、比較的大きなものを買ってきた。幅90mmで2000円、これも中国製かな?

 で、こいつに挟んでネジ切りはスイスイ・・と思ったらやっぱり滑ってしまってダメ。このバイス、その昔工作実習や何かで使っていたヤツのように挟む面がギザギザになっておらず、ツルツルのまま。だもんで、力いっぱい締め付けておいても滑って回ってしまう。
 あれこれ悩んだ挙句、丸棒の挟む部分をヤスリで二面幅に加工した。これで何とか回らなくなり、切削油にはてんぷら油とマーガリンを使って、何とかM6のネジが切れた。うーん、黄銅って意外に硬い。

 タップ&ダイスとか、使ったのはどれだけぶりのことだったろうか?


20091104

トラスロッド

tierod001

 日々の生活で書くことが無い時は、いきおい手作りベースの話にならざるを得ない。 
 昨日の続き、両端にネジを切ったロッドをネックにはめ込んでみた図。檜の指板も徐々に出来てきつつあるので、ちょっと乗せてみた。この部分、四角座金が必要になるが、今のところまだ入手できておらず、とりあえずM6ナットだけねじ込んでみている。
 さて、このトラスロッド、完成時にはどうやって隠すか?今のところまだノーアイデア・・・。


20091106

ちょっとだけボディー

body001

 毎日色々忙しくて、なかなかまとまった時間が取れない。ボディーも少しは進めなければと思って、昨日は鉛筆で板取りだけをやってみた。うーん・・これを全部カットして、さらに中ぐりまでやるかと思うとちょっと気が遠くなってきた。まあ、気長にやるべぇ・・

 明日はバンド練習もあるので、今晩遅くには大阪に帰る予定。


20091110

ヘッドの渦巻き

head001

 今日は少し早く帰れた。朝のうちにお米を洗っておいて、炊飯器のタイマーをセット、帰ったらすぐアツアツご飯!のはずだった。簡単なおカズをちゃっちゃと作って、さあ食べようと思って炊飯器のフタを開けたら、ガ〜ン・・、まだお米は生のまま!スイッチを入れ忘れていたらしく・・・ ;;)
結局それから約1時間待たなければならなかった。
 
 それを待つ間に、ベースが少し進んだ。ヘッドの渦巻き部分をサンドペーパーで仕上げた。前作よりはそれらしい形状になった。削っていない部分が黒っぽく見えるのは、後ろに見えるオイルステインであらかじめ着色しておいたから。こうすると削った部分が白くなってよくわかるので。最終的にはネック全体マホガニー色にする予定。


20091112

忙しくて・・・

body002

 昨日は泊りこみの研修っていうか会議で、その流れで飲み会もあったりしてかなり疲れた。幸い今日は早く帰れたものの、明日提出しないといけない書類がいっぱいあるので睡眠時間が短くなりそう・・。
とは言いながら、そればっかりやってても退屈なので、やっぱりちょっとだけ作業をしてみた。
 ボディーの外周は電動ジグソーでカットするつもりだったが、ほんの3センチほど切ってみただけであきらめた。騒音が大きすぎてとても今の自分の部屋では使えない。結局やはり全部手加工になってしまいそう。
で、上の写真の部分を切っただけで疲れてやめた。この木、なんか前のより固い。こりゃなかなかだわ・・


20091116

仮組み

assy001

 本業の仕事のことを書くのならなんぼでも書くことはありそうな気がするが、出張時の小ネタ以外に仕事のことは書かないと決めているので、結局本日も手作りベースのお話。

 飲んで帰った時以外は大体毎日何か少しは作業をしている。ネック側の駒を作ったので、今までに出来たもの(ネック、タイロッド、フィンガーボード、駒)を全部組み合わせて置いてみた。
この駒、自分が持っている唯一の高級素材、黒壇(エボニー)製である。水に沈む木というだけあって、こいつの加工は固くてなかなか骨が折れる。目の細かい回し引き鋸で切り出したあと、ヤスリとサンドペーパーで仕上げた。
こうして見ると、明るいメープルウッド色もなかなか捨てがたく、マホガニーみたいな濃い色に着色するのは少々もったいない気がしてきた。まあ、色は最後に決めよう。
作業台の下に見えるボディー部分はあれから進まず・・。


20091119

穴穴穴・・・

drilldrill

 昔「山のアナアナアナ・・・」っていう落語があった。三遊亭歌奴だったっけ?

 ジグソーの騒音がひどすぎて使用をあきらめた話は前に書いた。しかし手引きの糸鋸だけでボディー全てのプロフィールを切るとなると、3年ほどかかってしまいそう。で、仕方なく電気ドリルを使った。外周より少し大きめに、10ミリ間隔くらいでどんどん穴を開けていく。この穴の間を切るのは随分楽である。嗚呼、「完全手作り」とは言えなくなってしまった・・


20091120

今週はここまで

assy002

 今日は夜遅く大阪に帰る。それから明日からは両親の様子を見にまた田舎に帰ろうと思っている。なにせ84歳と83歳の二人暮らし、さすがにヤバくなってきた。

 しばらくこっちには帰って来ないので、少しでも進めておこうと思って、ボディーの外周だけは粗く切り取った。前みたいなソリッドボディーならばほとんど出来たみたいなものだが、今回は中をくり抜くつもりなので、まだまだ先は長い。それでもこうやって組み合わせてみると、何か形が見えてくるのが嬉しい。


20091126

ゴミ箱

9553f0fe.jpg こいつをゴミ箱に放り込んでいるのは、別に失敗したからでも嫌気がさしたからでもない。ただ毎日外形を少しずつ削るたびに床掃除をするのが面倒なので、ならばゴミ箱の中で削ればいいかと思った次第。確かに削り屑はゴミ箱の中に落ちるが、固定していないのでメチャ削りにくい。どっちもどっち。

 


20091130

くり抜いた

body004
 昨日から今日にかけて、ボディーをくり抜いた。本当は壁の部分をもっと薄くしたいけれど、ネックの取付部分と真ん中の細くなっている部分の曲げ強度を考えると、ここまでしかくり抜けなかった。

 なんか、ムンクの絵を思い出した。あの耳に手を当ててるやつ・・叫び?

 いやいや、観光地にあるモノにも似ている。顔を出して写真を撮ろうかと思ったがやっぱりやめた。


20091209

肉盗み

13d76cfd.jpg 久々の手作りベースの話。いろいろ忙しくてなかなか進まないが、今日はまた少しだけ削ってみた。
 こんな風に不要な部分を削り取って軽くすることを、機械系の専門用語で「ヌスム」と言う。図面を描いていて、先輩から「ここはもっと肉を盗まんかい!」とか言われるのを機械系ではない人が聞けば、何言うてんの?と思うに違いない。
ゼロ戦の設計主任の堀越技師は、部下に直径5ミリの肉盗みを強要したと聞いたが・・
まあとにかく今日はこれだけ盗んだ。ここ、節があってなかなか固い。

 そうそう、今日の晩御飯は焼肉だった。安い肉ではあるが、もちろん盗んだものではない。


20091213

指板

fingerboard002fingerboard003

 結局昨日は天気が回復し、暗くなってボールが見えなくなるまでぶっ通しでテニスをした。さすがに今朝は体中が痛くて痛くて、ほとんど年寄りみたいな歩き方になってしまっている。
 だもんで、今日は一日中部屋にいようと決めた。となるとやることはあんまりバリエーションもなく、ベース作りの継続となる。フィンガーボードの表面削りを一応仕上げて、黒色の着色剤を塗ってみた。最終的にはもう少し目の細かいサンドペーパーで仕上げて再着色し、ニスを塗ることになると思うが、雰囲気は出てきた。
この間からデジカメを大阪の家に忘れて来ており、画像が携帯のカメラでしか撮れない。まあ画質の悪いこと・・・


20091223

今日はひきこもり

DSCF1673s

 昨夜は自分にしては珍しく二次会まで行き、「カウボーイ」なんて言うウィスキーのミルク割りとかバーボンのロックだとかを随分飲んで、結局タクシー帰りの午前様になってしまった。楽しかった。

 今朝起きた時は晴れていて良いお天気だと思っていたのに、見ているうちに曇り出し、昼過ぎには冷たい雨が降ってきた。降ってさえいなければたぶんまた自転車を漕ぎに出ていたはずだが、この天気ではちょっと無理。
 ということで今日はずっと部屋の中に居て、テレビを見たりギターを弾いたり、それからまた手作りベースのボディーのサンドペーパ掛けなんぞをボチボチとやった。ボディー本体、ネック、それから指板はまあそこそこ出来上がってきているものの、まだこのボディーの裏表に張る天板と底板を作らなくてはいけない。ボリュームとトーンコントロールをどこに付けるかも決まっていないし、完成までにはまだまだ当分かかりそう。

 と、これを書きながらふと窓の外を見ると、雨は上がり、綺麗な夕日が射している。変な天気・・


20091227

緊縛・・

neck009

 なんか異様な光景である。
本日午前中は仕事、自転車で行った。広いフロアに自分だけだった。もっとやるつもりだったけれど、寒いので早々に切り上げた。

 で、午後はちょっとがんばって手作りベースを進めた。トラスロッド仕込み、ロッド押え板の挿入、指板の接着、まで。
明日からしばらく作業は出来ない。正月休みの間に接着剤が固まるようにしたかったので、ここまではやっておきたかった。

 ふつうはバイス(万力)みたいなのをたくさん使うはずだが、あいにくバイスは持ってない。この自転車のゴムでグルグル巻きにする方法は前作で実証済み。たぶん今回もうまく行くだろう。


 さて明日は夜大阪に帰り、自宅で一泊だけして旅行に出る。どこに行くかはお楽しみ・・・


20100105

一部失敗・・

DSCF1831sDSCF1829s

 あわただしい正月が終わって、今日からまた忙しい日々が始まる。初日は何とか時差ボケの影響もなく、無事にこなすことができた。

 帰ってすぐ、グルグル巻きのゴムを外してみた。うーん、完璧!と思ったら、上のナット部分に隙間が出来ている。これは残念ながらちょっとまずい。こんな時、ホントのニカワだったら熱をかければやり直しがきくらしいが、木工ボンドの場合はそうはいかない。さてどうやって取り外そうか・・


20100119

風邪?

DSCF2017

 ちょっと昨日から風邪をひいたみたいで、何となく体がダルくて咳も少し出ていたが、例の風邪薬を飲んですぐ寝たら今日は何ともなかった。
ということで今日もちょっとだけ作業。中高になってしまった指板を修正すべく、慎重にカンナをかけた。スケールを当てながら高いところだけ削ったが、どんどん削る幅が広がって、せっかく黒染めした表面のほとんどが削られてしまった。
 当面、ネックの完成に専心、ボディーにはなかなかとりかかれない。1作目のときにはここまで丁寧にはやらなかったよなぁ・・


20100124

休息日

DSCF2035s

 昨日はテニスをして、ちょっと手首を痛めた。風が強くて、向かい風側だといくら打ってもボールが伸びていかない。おまけに相手がどちらかと言えばスライス系で、球足がものすごく伸びて来る。振り遅れまいと必死で打っているうちに痛くなってしまった。
 ということで今日はずっと部屋の中にいた。この間修正のために剥がしてしまった指板の塗装をやり直した。
ネックはまあこれくらいにしておいて、そろそろボディーに取りかかろうかな。


20100125

ちょっとだけよ・・

DSCF2039sDSCF2047s

 昨日に引き続き手作りベースの写真・・
実際はもう少し茶色っぽいと思うが、蛍光灯の光の下でフラッシュなしで撮るとこんな色になる。かと言ってフラッシュを使うと明るすぎになるので、どちらかと言えばこの色が近い。う〜ん、ちょっと暗すぎたか?

 ほんでもって、右の写真のようなアングルで写すと、まるで「ちょっとだけよhttp://parts.blog.livedoor.jp/img/emoji/ic_b_heart.gif」の足みたいになる。
自分の足も横に並べて写してやろうかと一瞬思ったが、さすがにやめておいた・・。


20100128

天板

DSCF2053s

 ようやくボディーに取り掛かれるようになった。
天板は完全な一枚板にしたかったが、あちこちのホームセンターをどう探しても幅240mm以上の柾目の板は無い。結局120mm幅のものを接ぐことにした。接着剤はいつもの木工ボンド。こいつは乾いてもカンナがけが効くので都合が良い。
またこの外形切り抜きという作業が待っている。今週末、大阪の自宅でやろうかな・・・。


20100202

天板

DSCF2057s

この土日、大阪に帰った時に、少しでも工作を進めようと思って、天板にする板とジグソーを持って帰った。ジグソーの音はあまりにも大きくて、とても高松で借りている部屋では近所迷惑で使えないからである。自宅の庭でなら使えるかも知れない。
 で、土曜日の午後、天気も良かったのでいそいそと庭に新聞紙を敷いて切り抜き作業を始めた。うーん、やっぱり外でやっても音は大きい。ちょっとヤバイかなと思いながら4分の3ほど切った頃、裏手の家で戸を閉める音が・・・。
 そこの家の奥さんはどうもちょっと苦手で、結局作業はそこで中断。やっぱりこのジグソーは田舎でしか使えないのかも知れない。ここから先は再び手作業かな・・。


20100204

いい運動になった・・

DSCF2064s

 夕食後、またぼちぼちと作業を始めた。この間買ってきた新しい「回し引き鋸」という刃の細い鋸で周辺部を切り抜き、カンナとヤスリで表面の丸み付けの荒削りをやった。きょうはここ高松でもものすごく寒い日だったが、カンナがけをしているうちに体はすっかり温まった。もう一枚、底板も同じことをしないといけない。
うーん、ちょっと丸みが足りないような・・。もう少し周辺部を薄くするか?もう一サイズ厚い板のほうが良かったのかも知れない。
出来上がりを想像しながら削っていく、今がいちばんおもろい時かも・・


20100217

d62e9f84.jpg
 ヤフオクで注文していたベースの弦(新品)が届いた。前に使ったのと同じで、セット販売では破格の安さ、「もちろん」中国製である。2003年にやはりヤフオクで買った時には3800円だったのに、今回は5000円近くになっていた。中国もそろそろ物価が上がって来たか?
 まあとにかく弦は入手したが、肝心のペグがまだ。こいつを買わないことにはネックの穴加工に取り掛かれない。前は中古で1000円だったけど今度は新品買おうかなあ・・


20100218

再開

DSCF2090s

 一日遅れのアップになってしまったが、工作を再開した。天板と同様厚さ15mmの板で底板を作る。本体より外周を6〜7mm大きくしている。例のジグソーの騒音には懲りたので、また全部手加工でやらないと。

 そろそろ出勤時間、今日はまた非常に寒いが、自転車で行くつもり。


20100302

ボディー現状

DSCF2108s

 作業開始から半年、ボチボチではあるが一応毎日少しずつ進めている。天板、底板とも大まかな切り抜きと表面のR付けは完了、ちょっとボディーを合わせて見た。何となく出来上がりの姿が見えて来た。
これからさらに表面を仕上げないといけないが、まだまだネック取り付け部の加工やボリュームポッド部の穴クリ作業がある。それに、「fホール」はどの工程で開ければ良いのだろう?


20100308

ペグ入手

DSCF2147s

 ネットオークション(って言っても新品)で入札していたペグがやっと届いた。前作に使ったのは中古で1500円だったがFender製。今回は新品でブランドは日本みたいだがMade in Taiwanで2800円。
ウォームギヤ軸受部分の作りが、前のはダイカストだったのに今度のはシートメタルプレス曲げで、若干チャチな気がする。まあ機能すればそれで良しとしよう。ホントは金メッキしたいけど。
 弦、ペグ、ボリュームポッド、ノブは揃えた。ピックアップも一応マグネットとピエゾの両方を入手しているが、今一つ気に入ってないのでもうひと頑張りして探してみる予定。新品は高いしなぁ・・


20100309

新旧

DSCF2153s

 天板に「f」ホールを描いてみた。バランスがどうも良くわからなくて、鉛筆で消しては描き消しては描き・・、まあこんなもんかな?
ついでにネックを上に置いて、前作を横に並べてみた。長さはほとんど同じで、ネックはかなり細く、ボディーはずいぶんグラマラスになってる。

 今になってもまだ、ボリュームとトーンのノブをどこに付けるべきか、それから弦の取り付け方をどうするか迷っている。ノブは前作と同じようにトップの肩位置にするか、それともサイドのくびれた部分に置くか・・。操作性はトップが良いが、見た目はサイドだなぁ・・・。弦は前みたいに裏通しにするか、それともコントラバスにならってテールピン固定にするか。
う〜ん、どうすべぇ・・・。

 決定はもう少し先延ばしにして、決まっているところからやろうっと。


20100326

再開

DSCF2195s

 今週も大阪に帰るつもりだったが、仕事が遅くまでかかってしまったので結局帰るのはあきらめた。明日朝にでも帰ろうと思えば帰れないことはなかったが、昨日の出張の疲れも残ってそうだったので今週は久々にゆっくりすることにした。
 と言いながら、夜遅くになってベース作りを再開した。ボディーは少々飽きてきていたので、またネックから。実は買ったペグの糸巻き部分の長さが予定より短くて、糸を巻く部分の出っ張り具合が足りなかった。せっかく塗装した部分を削るのはイヤだったがしょうがない。ヘッドの両サイドを3mmずつくらいカンナで削った。
で、ペグ取り付け用の穴を明けた。ちょうど合う径のドリルが無く、またこいつを丸ヤスリで少しずつ拡げる必要がある。1日1個が限度かな?
まあ土日あるので進むだろう。

 そうそう、前の会社で部下だった女性から、「結婚します」との連絡をもらった。いやあ、めでたいめでたい!自分のことのように嬉しくなってしまった。


20100328

頑張った・・

DSCF2233-1

 今日は公約通り外には出ず、ちょっと自転車で買い物に出かけた以外は、高校野球を横眼で見ながらせっせとベース作りに励んだ。昨日の久しぶりのテニスの後遺症で足回りの筋肉痛がホントにひどくて、朝は立ち上がるのがやっとの状態だったので、ちょうど良い休養になった。

 ヘッドには穴を4個あけ、ペグが全部取り付けられる状態になった。天板にはネックをセットするホゾを切り、その部分にちょっとネックを載せてみた。難儀だったfホールも細いヤスリで少しずつ形を修正し、何とかそれらしくなってきた。こまで来るとようやく出来てきたなぁ・・・という感じ。

 「21世紀枠」の向陽高校はよく頑張ったと思う。開星高校の監督(辞任されたらしい・・)のためにはもう1回くらい勝たせたかったが。同点機のバント失敗が悔やまれる。

さあ、日も暮れて来たし、そろそろ晩飯作ろう。


20100329

風邪?

DSCF2237s

 今日はムチャクチャ寒かった。大阪は雪が舞っているそうな。ひょっとしたら風邪をひいたみたいで、どうも喉が痛くて熱っぽい。風邪薬飲んで早く寝ることにしよう。

 写真はベースの天板部分。上の切り込み部分のボディーを、ネックの取り付け角度に合わせて斜めに削らないといけない。kinodoxさんがコメントを入れてくれてたように、これはなかなか気を使う作業。体調の良い時にやらねば・・・。


20100407

0−3・・・

DSCF2284-1s

 ちょっと遅く帰ってテレビをつけた。日本代表がセルビアに0−3で負けていた。もう後半も半分を過ぎていたので、見込みが無いと思ってチャンネルを変えた。すると阪神がやっぱり0−3で負けていた。ため息とともにテレビを消した。

 ベースは少しずつ進んでいる。天板とボディーのネックはめ込み部分が出来たので、ちょっと仮組みをしてみた。うん、なかなかいい感じ。(自画自賛・・)
早くボディーと天板、底板の接着をやってしまいたいが、前にも書いたように、まだボリュームとトーンコントロールを付ける場所が決まっておらず、接着はムリだし、塗装も出来ない。う〜ん、どうしよう・・・

 今週は久しぶりにバンドがあるらしいのに、残念ながら帰れない。月1も行けてないなぁ・・


20100412

飛散?悲惨?

DSCF2292s

 この間からヒマを見つけては天板のサンドペーパー掛けをやっている。やっぱりカンナとヤスリだけではどうしても微妙な凹凸が残ってしまうので、サンドペーパーは欠かせない。木工の名人になるとカンナだけで完璧に仕上げてしまうっていうのはホントかな?自分はとてもできそうにないので・・。

 で、床が飛散、もとい、悲惨なことになっている。これだけ細かいチリだと、当然作業にマスクは欠かせない。この冬の新型インフル用に買いだめしていたマスクが、思わぬところで役に立った。電気掃除機もすぐ目詰まりを起こして吸えなくなる。大損、もとい、ダイソンにすべきであったか?


20100415

再塗装

DSCF2297s

 今日は珍しく少し早く帰って来たので、ちゃっちゃと晩飯を作って食べてしまった後、ちょっとだけ作業をした。 
 ここのところ天板にかかりきりになっていたので放りっぱなしだったネック、ペグを取り付けるために削りを追加したところにオイルステインの再塗装を実施。木の目や部分によって塗料の染み込み方が違うので、なかなか均一な色にはならない。前作はそれを隠すために濃いマホガニー色で着色したのだったが、今回はメープル色。ムラは残るがこの方が味わい深いような気がする。
 ついでに指板部分にクリヤラッカーを吹き付け。ここはあとから細かいサンドペーパーをかけるので、ラッカーはそのための下準備みたいなもの。閉め切った部屋の中にシンナーの匂いが立ちこめ、酔いそうになった。

 この日曜からしばらく(たかだか1週間だけど)ドイツに出張。明日から大阪に帰るため、次の作業は当分の間できないなぁ。


20100420

ちょっと失敗

DSCF2308s

 出張に出る前にちょっとだけ吹いていったネックのクリヤラッカー、今日あらためて見てみると見事にタレてしまっている。やっぱり焦っている時にこんな作業はするものじゃない。もうちょっと固まったら剥がしてやり直さないといけなくなった。
 前作のときも割と早めにボディーの塗装をやってしまって失敗したというのに、また今度もおんなじことを繰り返している。情けなや・・・


20100422

ようさん ビールも飲まずに木を削る

DSCF2312s

 ホントならば、今頃はミュンヘンのレストランでバイツェンビールを飲んでいたはず・・。アイスランドの火山め・・。
この火山、「エイヤフィアトラヨークトル山」と言うらしい。名前は笑える。絶対覚えられないけど。

 さて今日はいくぶん早く帰って来たので、飯もそこそこにベース作りを継続。ようやくボリュームを付ける場所(結局Atelier Eliteみたくボディーのくびれ部にした)を決めたので、その部分に穴をあけた。
前みたいにマグネチックとピエゾの2ピックアップにするならば、トーンコントロールも合わせて4個の可変抵抗器が必要。ちょっとこのスペースに4個はキツいかも・・。トーンは1個にして、マスターボリュームもやめるか。
フィッシュマンのピックアップが欲しいなぁ。


20100425

接着

DSCF2326sDSCF2330s

 今日も天気は最高、自転車で出かけようかとも思ったが、昨日のテニスの余韻が体中に残っていて、あちこちの筋肉が固まっていたので、朝一の打ちっぱなしでちょっと体をほぐした他は、ほとんどの時間を工作に費やした。
 ボリュームポッド取付部をヤスリとサンドペーパーで仕上げ、ジャック取付部を削り、ちょっと早いかな?と思いながら、とうとう天板を接着してしまった。バイスが足りなかったのでフトンバサミまで動員、まあなんとかくっついた。


20100506

材料

ce0fb525.jpg
 三ノ宮の東急ハンズで買って来た新しい材料が2枚、白いのが桜、黒い方はウェンジュって書いてある。ウェンジュという材料は使ったことが無いが、固くて丈夫そうなので弦の端を固定する部材になる予定。桜は駒にする。こっちも細かいカーブは大変そう。

 本日朝、また5時に大阪を発って7時40分に会社に到着。アメリカみたいに高速代がタダなら毎日通えるかも?


20100511

穴あけた

DSCF2410

 底板にボリュームとかジャックのメンテナンス用の穴をあけた。前作のときにはこの部分のフタはプラスチックの板で作ったが、今回は黒壇にするつもり(材料はまだ買ってないけど・・)。
 
 まあ少しずつ進んではいるものの、なかなか時間がかかる。
夏までに出来るかしら?


20100523

半々

DSCF2426sDSCF2424s

 本日は朝から一日中雨。自転車は無理、テニスも無理で、溜まっていた資料作りの仕事をパソコンで片付けながら、ちょっと飽きてきたら工作室でベース作り、みたいな一日だった。先週帰った時に娘からうつされた風邪がまだ治りきっていないこともあり、ちょうどいい休息日になった。

 写真は弦の根元を取り付ける部分。前のはソリッドボディーだったので裏通しにしたが、今度のは中空ボディーなのでウッドベースっぽく木のブリッジで固定する。あら?この部品はブリッジとは呼ばないか?何て言うんやっけ?

 「ウェンジュ」とか言うこの木材、さすがに硬い。側面のカーブが一苦労だった


20100530

少々風邪気味・・

DSCF2448s

 昨日の鳴門渦潮クルーズが少し寒かったせいか、鼻がズルズルして若干咳も出る。今日みたいないい天気の日には当然自転車でどこかに出かけるのが普通だったが、すぐ海外出張も控えているので大事をとって今日は休養日にした。
 と言っても、寝ているわけにもいかず(と言うか、そもそも寝ていられない性分)、9時には起きてゴルフの練習に行き、昼からは前の会社の大先輩からいただいた長文のお手紙に、これも長文の返事を書き、ちょっと時間が余ったのでベースにテールピンを差し込む穴の加工をした。
これで木製の部分はまあほぼ出来上がった感じ。あとはピックアップとブリッジ、それに内部の電気配線か。
ここまで来ると、ボディーにも塗装をしたくてしょうがないが、まだ我慢我慢・・

夜は近くの友人が飲みに来る予定。焼き肉でもするか。


20100616

DSCF2623s DSCF2632s

 リクエストにお答えして作業再開。
今日は少々しんどくて、本社での会議が早く終わったので速攻で帰って来た。

 昨日から駒に取り掛かっている。材料は桜。
木の目をどっち方向に使うのが正規なのか、よくわからない。前作では縦に使った。今回、コントラバスの色々な写真を見ていくと、どうも横に使っているのが多いみたい。
 例によって鉛筆でスケッチのあと、ドリルで穴あけ、鋸とヤスリで仕上げ。さすがに桜の木は固い。ドリルで穴をあけていると焦げ臭い匂いがするし、鋸やヤスリもなかなか進まない。2時間ほど頑張ってそこそこの形は出来てきた。少し不満な部分も残るが、前のよりはずいぶん手は入れた感じがする。
なんかこの形、どっかで見たような・・・


20100622

死ぬかと思った2

DSCF2646s

 昨夜夕飯を食べたあと、ピーナッツなどをつまみにビールを飲みながらサッカーを見ていたら、急にお腹が痛くなった。こんな時は早く寝るに限ると、9時過ぎにはベッドに入ったものの、痛みは治まる気配が無い。それもここ数年来経験していないくらいの猛烈な痛みで吐き気もする。トイレとベッドの往復数度、それこそのたうちまわるくらいで、よほど救急車を呼ぼうかと思ったくらい。ようやく落ち着いたのは夜中だった。
 食べたものの何が悪かったのかはわからない。先日のアメリカ出張以来、ほとんど和食。昨晩も、冷奴にアジ焼き、納豆にホウレンソウのおひたしと当りそうなものはなかったはずだが・・・

 さて、遼くんは残念だったが、代わりに藍ちゃんが優勝した。やっぱり彼女はすごいなぁ・・。
そろそろウィンブルドンも始まって、今日は錦織クンがナダルと当る日、まず勝てる見込みはないだろうが、どこまでやれるのか?

 写真は、ヤフオクで落札したピックアップ。こいつを付けるとまるでジャズべなので、ホントはもう少し違う形のが欲しかったのだが、まあいいか。


20100623

テイルピース

DSCF2650s

 テイルピースがほぼできた。弦が当たる部分は6mmの真鍮丸棒を半分埋め込んだ。ドリルがちょっと横ズレして、弦を通す穴のピッチが少しだけ不均一になってしまった。
 こいつのボディーへの止め方、本格的にコーティングワイヤで引っかけて止めるか、それとも真鍮板で固定してしまうか。アースのことを考えれば真鍮版のほうが良さそうだが・・。

 明日はもう木曜、日々が、季節が飛ぶ。


20100628

ベース進捗1

DSCF2655sDSCF2651s

 これもネットで買った中古のジャック。当初はこんなアダプタ付きのではなく、ジャックを木部に直接取り付けるつもりだったので小さい穴をあけていた。ヤスリで思いっきり拡げてはめこんだ。(ネジ止めは塗装後にする予定)

DSCF2661sDSCF2670s

 テイルワイヤが当たる部分の補強。ここは黒壇で作ってみた。

DSCF2667s

 100均で買った中国製のワイヤで作ったテイルワイヤ。問題はこいつが弦のテンションに耐えるかどうか?まあ、切れたら切れたとき。

DSCF2672sDSCF2675s

 テイルピースの裏側をこんな風に削って、ワイヤを嵌め、上から黒壇の押さえ板でネジ止めした。この部分は参考になる資料がなく、まったくのオリジナル構造。どうなることやら・・・

DSCF2677s

 取り付けた状態はこんな感じ。

 
 久々に自転車で会社に行ったら、やっぱり帰りは雨になった。また土砂降り、びしょびしょになりながら帰ってきた。


20100629

ベース進捗2

DSCF2679s

ちょっと見えにくいが、天板の縁に細い溝を彫った。思い通りに行けば、この溝に塗装が入り込んで少し色の濃い線が見えるようになる予定。

DSCF2680s

 強度が不安だったので、ボディーのいちばん細い部分は肉抜きをしていなかったのだが、強度は大丈夫そうなので、分かれていた中抜き穴をつなげてしまった。


さあ、サッカー観よう!


20100630

ベース進捗3

DSCF2690s

 ネックを仮付けした。ついでに他の部品も全部定位置に置いてみた。弦を張ってみようかと思ったが、魂柱がまだなのでやめた。
悩みが一つ。これだけアコースティック形状にこだわってみると、こいつにあの無粋なマグネチックピックアップを載せるのがどうも抵抗がある。かと言ってマグネチックの音が欲しいときもあるし・・。でも何とかピエゾだけで行ってみるか???

 サッカーは残念だった。(ちょっと旧聞ですが
「岡ちゃんごめん・・・」が今年の流行語対象になるかも。


20100704

不満・・

DSCF2701s

 昼過ぎ、いつものコーナンに行った。ベース製作のためのこまごましたパーツを買うためである。行くたびに思うのだが、昔は主流だった日曜大工(死語?)、所謂「Do it yourself」関係の売り場面積がどんどん少なくなって、代わりに家電や食料品の占めるスペースがかなり大きくなっている。結果的に、以前なら確かに置いてあったはずの自分の欲しいパーツや材料(黒壇の端材、穴を塞ぐプラスチックの蓋等)は何一つ手に入らず、結局写真のニスだけ買って帰ってきた。
 家で工作などをする人が減っているのかなぁ・・。置いといても売れんから無くなるのだろうな?とおもうと少々寂しい。

 今日はいつもよりかなり早く高松に戻って来た。


20100706

塗装

DSCF2705

 ちょっと早まったかな?と思いながら、ニスを買ってしまったらどうしても塗ってみたくなり、裏板の接着を済ませないうちに天板の塗装をやってしまった。刷毛塗りにしては、まあまあうまくいった方だと思う。ただ、今後の工作時にこの塗装面にキズをつけないようにするのが結構大変。
やっぱり早まったかな?


20100712

黒壇

DSCF2646sDSCF2719s

 本日は天気も悪く、雨の中を車で走りまわっていただけ。トピックが何もないので、またベースの話。
 ずっと前にヤフオクで買っていたピックアップ(左の写真)、普通のジャズべの部品で、あまりにもエレキエレキし過ぎていて、どうも今作っているボディーには合わないので、バンマスハマちゃんのアドバイス通りにカバーを木で作ってみた。
材料は残り少なくなった黒壇(エボニー)、厚さ6mmの板を縦に引き割って2mm強の厚さにした。表面にうっすらとRを付けて磨き上げること数時間、両面テープで貼った。さすがに黒壇、何となく高級感が出た。


20100714

土台

DSCF2722s

 ピックアップの土台となる固まりを削り出しているところ。近所のホームセンターにはこんな固まりを取れる材料は「杉」しか置いてなかった。杉材は軟らかくてサクサク削れる。ピックアップを放り込む穴を掘るのがちょっと面倒だが、まあこの硬さならすぐ出来るだろう。

 この3連休は、久しぶりに田舎に帰る予定。今度は徳島からフェリーに乗ろうかと思っている。


20100726

再開

DSCF2772s

 今日は割と早く帰って来た。夕刻でも暑過ぎて外に出る気はせず、木工を再開した。ピックアップを乗せる台、この穴を掘るノミの作業がホントに面倒臭くて、軟らかい木でありながら、なかなか進まない。おまけに作業場にしている部屋にはエアコンが無い。扇風機をかけると木屑が舞い上がる。これだけ彫るだけで汗だくになってしまった。
続きはまた今度・・。


20100801

経過

DSCF2777s

 今日は朝早くからゴルフに行った。最初の数ホール、昨日の酒がまだ残っているような感じでフラフラしていたような気がする。なにせ昨夜は同僚の持ってきたテキーラが回り過ぎ、自分の部屋に帰ってくるのが大変だったくらい。
 この暑い中、ゴルフ場もかなり空いているようで、自分たちの後ろには誰も来ていなかった。確かに暑かった。そんな状態でスコアがまとまるはずもなく、いつもより少し悪い103。やっぱり100は切らないとなぁ・・。

 さてベース、ピックアップの高さを決めるために、ネックを取付けて駒を置き、弦を仮に1本だけ張ってみた。こうして見ると結構いい色になってきた。
去年のブログを見ると、工作開始が8月31日、なんとか1年で完成出来るかな?


20100817

久々ベース

DSCF2836s

 昨日の午後と今日の夜、久しぶりにベース作りを頑張った。
ピックアップを取り付け、ボリュームとジャックも取り付け、

DSCF2840s

 これも何年ぶりかの半田ゴテを使って内部の配線をし、
そうそう、ピエゾピックアップは魂柱と天板の間に仕込んだ。


DSCF2847s

 また弦を1本だけ張って、アンプにつないでみた。あれ?鳴らん・・・

配線を再チェックすることしばし、肝心の信号線を1本忘れていた。
鳴った。

さてお次は、ようやくお待ちかねの裏板張り・・・
何とか今月中には完成させられるか?


20100819

ほぼ完!かな?

DSCF2872s

 最後の方はちょっとバタバタっとやってしまった感じはあったが、塗装を済ませ、弦を全部張り、何とか試奏できるまでになった。裏のメンテナンス用穴の蓋がまだだが、パーツは作ってあるので、あとは丸頭の黒ビスを買ってきて止めればおしまい。作り始めてちょうど1年か。
まだまだ塗装のアラが目立ったり、指板の平面が出ていないせいか一部ビビるところがあったり、気になる点は多々あるが、まあ徐々に直して行こうと思う。張っておいた弦はずいぶん緩み、一日置いたらチューニングもガタガタ、落ち着くまでにはまだしばらくはかかる。

 こうやって写真を公開してしまっているので、1作目の時のようにバンドに突然持っていってサプライズ!という訳にはいかないのが少々残念。
今週は久々に練習があるらしいが、土曜日夜には昔の会社の仲間との飲み会があって、参加できないし・・。
バンドの皆様、生での公開はもうしばらくお待ちください。

 作ってしまってから気づいたが、前のよりボディーがかなりグラマラスになったので、以前作ったケースに入らない。またケースも作らなアカンかな?

尚、スッピンはさすがに恥ずかしいので、ハットとグラサンで変装してみた・・・


20100820

新旧

DSCF2871s DSCF2855s

 昨日から本日にかけ、たくさんのコメント有難うございました。ものすごく勇気づけられたような気がしました。

 新旧を並べてみました。左側が2003年に、これも約1年近くかけて作ったものです。この時は何もかも初めてだったので試行錯誤の連続、色々後悔したこともありました。ボディーは大きくなりましたが、中が空洞なのでずいぶん軽くなりました。ネックの幅や厚さもひとまわり細くなり、かなり弾きやすくなっています。ただ、かなり長い間アップライトの練習をサボっていたので、もう一度スケール練習から始めないといけないみたいです。ポジションマークも今度は無しでやってみようと思っています。
 空洞にした成果は、アンプを使わずに弾いた時の音が大きくなったこと。これならそのまま練習出来そうです。

 今回は2回目の製作となって、まあ少しは慣れた作業も多かったのですが、内部空洞品にチャレンジしたため、やはり色々悩みながらの作業でした。もし次に作ることがあったら、またずいぶんうまく行くのでしょう。たぶん、もう無いとは思いますが。

 さて、本日は今から大阪に帰ります。明日は旧友との飲み会です。


20100831

やり直し

DSCF2919s

 しばらくベースの話からは遠ざかっていたが、どっこい作業は少しずつ続けていた。ちょっと雑になっていた天板の塗装の一部を剥がして再塗装した。サンドペーパーで磨いては塗り磨いては塗り、5〜6回は塗ったかも知れない。お陰でツヤはだいぶ出てきた。キリが無いのでこのあたりで勘弁してやろう。ちょっと色ムラはあるが、まあ愛嬌ということで・・・


20100901

練習

DSCF2922s

 弦を張り直し、しっかりチューニングをして、アンプにつないでしばらく練習した。予想通り左手の握力(指力?)が完全に落ちてしまっており、2~3曲でダメになる。これからしばらくはリハビリが必要みたい。

 低い方のGと中間のE音がどうしてもビビる。どうも指板の平滑度がイマイチらしい。修正するためにはまた弦を外さないといけない。どうすべぇか・・・。 


20100904

Bassman100

19965c22.jpg

 本日、ホントに久しぶりにバンドに参加。滅多に揃わない4人が揃った。結局、新しいベースを持って行った。今日やった曲とベースの出来は以下の通り。久々のアップライトだったが思ったより弾けたので嬉しかった。

涙そうそう=○
島んちゅぬ宝=○
恋しくて=△
恋=○
少年時代=○
世界に一つだけの花=△
長い夜=○
NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU ARE DOWN & OUT=

LAYLA
=△
TEARS IN HEAVEN
=△
ALBERTA
=○
SANFRANCISCO BAY BLUES
=○
THE LONG AND WINDING ROAD
=×

RUNNING ON FAITH
が出来なかったのがちょっと心残り。

やっぱりベースマン100の音は一味違う。


20100906

熱帯夜

b4032f0a.jpg
 昨夜遅くこっちに帰ってきた。締め切っていたせいで部屋は蒸し風呂状態、めずらしくエアコンを点けっぱなしで寝た。朝まで熟睡した。

 昨日のテニスコートでは、昔の仲間数人と会って、色んなことを話した。どこも色々大変そうで、景気の現状と円高のダメージを実感していた。我々にとっては民主党の党首が誰になろうが、そんなことはまったく関係ないわけで、そんなことやってる場合とちゃうやろ、何とかしないとホントにヤバい、という意識ばっかりがある。でも今朝の党首選関連のニュースを見ていて、結局政治なんかに頼ろうとするからダメなのかな、とは思ったが。

さてベース、どうもペグの具合が良くない。バックラッシュと言っていいのか、いわゆるガタ、遊びが多過ぎて、どうもチューニングがうまくいかない。例えば、ちょっとだけ下げたい時に、少し緩めても全然変わらずいきなりガガッと下がったりする。前作の時は中古パーツとは言えフェンダーのダイカスト製、こんなことは全くなかった。今回は新品だが韓国製、やっぱり違うのかな・・・
おりを見て交換しないと・・。


20100909

クリープ

DSCF2924s

 朝一の飛行機で帰ってきてそのまま出社、夜行寝台より体は楽だが、やっぱりどうも飛行機での朝帰りはあわただしくていけない。次からはどっちにするか・・・。

 さて、ベース。ふと気が付くと、張りっぱなしにしておいた弦の張力に負けて、天板に接着した黒壇のガード板がズレてしまっている。接着剤は完全に固まっていたはずなのに・・
うーん、木工ボンドはクリープの剪断破壊に弱いのか。
(・・・機械工学科で昔習った専門用語を披露してしまった。ギリギリの荷重でじわじわ壊れていくのを「クリープ破壊」と呼ぶ、らしい。)

このまま放っておくと、みっともない上に、テイルピースを留めているワイヤが天板のコーナーエッジで切れてしまいそうなので、また弦を外して修理する必要がある。今度の週末はそれでつぶれそう。


20100923

練習



 今日は朝から雨の中を仕事(と言っても溜まった書類を片付けただけ)に行き、昼には帰ってきた。

 雨が降り続いていて、自転車で出かけるわけにもいかず、思い立ってベースの練習を始めた。例によってクラプトンのCDをかけ、それに合わせて弾いてみる。3~4曲やったところで、お隣から赤ちゃんの泣き声が・・。しまった!窓が開いていた。やっぱりベースの音はかなり漏れていただろう。申し訳なし・・・。

 で、ヘッドフォンに換えた。が、こうするとベースはOKだが肝心の音楽が聞こえにくい。うまくいかんもんだわ。やっぱりミキサー(MTR)を通すことにするか。


20100930

磨き

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/e/8/e83320a4.jpg?7eb6b884

野球も終わってしまい(藤川打たれた・・・)、ヒマになったのでベースの練習でも、と思ったが、知らない間に表面が埃っぽくなっていたので磨いてやった。 当分はこいつでのバンド参加も出来なさそう

今週は高松に居るつもりで、来週の土日は出張、再来週は高松で来客、その次の週はまた出張の予定。


20131217

磨き


http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/c/9/c9d4660f.jpg

ペグが駄目になった。最初からなんとなくウォームギヤのバックラッシュが大きくてイヤな感じだったのが、こないだチューニングしてたらバキって音がして山がつぶれた。 韓国製、ネットであんまり確かめずに値段で決めて注文したのだった。やっぱりブランドっていうのは大事なのかな。

あらためて昨日、ゴトーのを注文した。値段は約3倍・・


20131224

ペグ交換

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/3/0/306fed9f.jpg

今日はクリスマスイブである。何度も言うように仏教徒の自分には関係ない。

しかし、去年まではだいたい家族が集まってプレゼント交換やらチーズフォンデュなどをやっていた。本日はなんと完全に独りである。会社で定時をだいぶ過ぎるまで色々あって、ふと気がつくと飲みに行く機会を逸していた。遅れて街に出て行くのも何となく悲しいので、そのまま帰った。

と言う事で、今日はベースの修理。先日Amazonで買ったゴトーのペグが届いていたので付け替えることにした。

 簡単に考えていたらこれがなかなか。取付ネジの位置が合わないのは予測していたが、金具が干渉してそのままでは取り付かないのは想定外だった。サンダーを出して来て縁を2mmくらい削った。

やはり前のよりずいぶんしっかりしている。材質が板金からダイカストになり、バックラッシュもほとんどゼロ。最初からちゃんとしたブランド品を買うべきだった。家人が「あんたはホントに安物買いの銭失いを地で行くよね。」と言った。それは正しい。

チューニングの後、久しぶりに弾いてみた。握力が落ちてしまったので、なかなかしんどい。。


20171125

メンテナンス

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/a/b/ab6ba795.jpg

本日昼過ぎまで仕事の後、なんとなく寒気がしてきたので、いつものライブハウスはお休みにして、部屋の中で久しぶりに我がベースのメンテナンスをし
た。

 最近ピエゾピックアップからのノイズが大きくなってきてどうしようもないので、ピエゾ側のボリュームはほとんど絞ってマグネチックピックアップ側だけで使っている。ピックアップそのものを交換したいが、こいつのピックアップは作るときにいろいろ迷った末に魂柱に埋め込み方式にしたので、交換は不可能・・。ピックアップそのものがダメになることは全く想定していなかった。

 回路を切り離して別の新しいピックアップを駒にでも装着するのが良いか?


20171126

原因判明

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/f/3/f31c0790.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/c/d/cddf6768.jpg


ノイズの原因が判明した。ジャックの中に付いているノイズカット用のコンデンサーのハンダ付けが外れていた。くっつけ直したらウソみたいにノイズが消えた。

ピエゾピックアップのせいではなくて一安心。


20181216

改造

http://livedoor.blogimg.jp/yotang2000/imgs/4/f/4f268047.jpg

今日はほぼ一日かけてベースの改造(というか修理)をやった。

このベースを作るときに、ピエゾのピックアップをどこにつけるか散々迷った挙句、ネットで見つけた記事を参考にして、駒の真下に入れてある魂柱に組み込むことにした。魂柱というのは、天板が駒の圧力で凹んだりしないように、天板と底板の間に入れる言わば「突っ張り」の部品で、これにピックアップを組み込めば、駒の縦振動をダイレクトに拾ってくれるはずと考えた。

 製作当初は上手くいったと思った。以前のは駒に直接ピックアップを貼り付けていたのだったが、それよりは確かに音は良くなった気がした。

ところが、ある日突然鳴らなくなった。マグネットピックアップも併設してあるので音が出ない事はないのだが、マグネットだけだとほとんどエレキベースと同じ音になる。多分、ピエゾピックアップが壊れたのだと思う。

このピックアップを交換しようと思ったら、天板か底板を剥がさないといけないが、こいつはしっかりと木工ボンドで貼り付けてしまっており、これを剥がすことはベース自体を壊す事にほぼ等しい。

 結局、内部のピックアップはそのまま回路だけ切り離し、新しいピエゾピックアップをネットで購入して、前のと同じように駒に貼り付けた。

ついでに電気回路の配線もほとんど全部やりかえて、可能な限りシールド線に交換した。ノイズは減った。

 

ライン